空港ラウンジが無料で利用できるカード


クレジットカードの中には空港ラウンジが無料で利用できるカードがあります。
ゴールドカードの付帯サービスとして付いているものが多いです。
国内のほとんどの空港で利用できます。
例えば、成田空港や羽田空港でクレジットカードを提示することラウンジを利用できます。

成田空港は、手荷物検査を受ける前であれば空港のラウンジを利用できます。
手荷物検査を受けたにあるラウンジは、ゴールドカードを持っていても利用できないみたいです。
ビジネスクラスかファーストクラスの人が利用できるみたいです。
手荷物検査を通った後の空港ラウンジでは、ジュース、お酒、お菓子等が無料で食べられます。
ビール、ワイン、コーヒー、ビスケット、ミネラルウォーター、紅茶、色々あります。
ソファに座ってゆっくりできます。テレビあります。
フライトの時間がきたら放送が入ります。

羽田空港はチェックインして手荷検査を受けた後でもラウンジを利用できるようです。

カードの種類(会社)によっては、利用できる空港と利用できない空港があるので
あらかじめ旅行などで利用する空港でサービスを受けられるか調べておくのもいいと思います。
空港で聞いてみてもいいと思います。

空港ラウンジが使えるカードのうち例えば、
楽天プレミアムカードを持っていると、プライオリティパス煮無料で登録できるみたいです。
プライオリティパスの年会費は399ドルです。楽天プレミアムカードの年会費以上の価値があるかもしれません。500ヶ所以上の海外空港ラウンジが無料で利用できみたいです。
出張が多い方に価値があります。

無料クレジットカード一覧


年会費無料のカードには、つぎのようなものがあります。
国内旅行保険海外旅行保険無料ドライビング保険ショッピング保険が付いているものに分類して紹介します。
国内旅行保険と海外旅行保険が付いているものは、東京電力Switch!カード、SBIカード、TSUTAYA(ツタヤ)カード、横浜ハマカード、東急カード、Yahoo Japan Suicaカード、UCS KARUWAZAカード、三井住友VISAクラシックカード、三井住友VISAアミティエカード、シティクリアカード、新生VISAカード、オリコカード(Orico)、BiglobeCard ビッグローブカード、イエローハットカード、エキサイトカード ベーシックカード、JALカード Naviなどがあります。
OMCカードJiyuda!は国内旅行保険のみあります。
海外旅行保険のみ付いているのは、ENEXCO 高速人カード、ENEOS(エネオス)カード、学生専用ライフカード、マイソニーカード My Sony Card、シェルスターレックス、ニコスカード「セサミストリート」、楽天カード、DCカードJizele(ジザイル)、ニコス・キャンパスカード、JCBカード「ジェイ・ワン」三井住友VISAクラシックカード(学生)、イオンカード、VISAOカード、郵貯ニコスカード、ニコス学生カード「n-com」、UFJ・アイムカードがあります。
旅行保険は、自動付帯利用付帯があるので気を付けた方がいいです。
無料ドライビングサポートがついているものは、ENEXCO 高速人カード、ENEOS(エネオス)カード、生活互助員カード、ドライビングサポートカード、ガンダム・オフィシャルカード、新生VISAカード、オートバックス・トータルカーライフマスターカードなどがあります。
ショッピング保険が付いているカードには、東京電力Switch!カード、NTTグループカード、ENEXCO 高速人カード、横浜ハマカード、Yahoo Japan Suicaカード、OMCカードJiyu!da!、コスモザカードオーパス、シェルスターレックス、P-one FLEXY、ニコスカード「セサミストリート」、出光まいどプラスカード、UCS KARUWAZA CARD、三井住友VISAクラシックカード、三井住友VISAクラシックカードA、三井住友VISAアミティエカード、三井住友VISAアミティエカード(学生)、VISA一体型ETCクラシックカード、ニコス・キャンパスカード、JCBカード「ジェイ・ワン」、三井住友VISAクラシックカード(学生)、シティ クリアカード、イオンカード、VIASOカード、郵貯ニコスカード、ニコス学生カード「n-com」、UFJ・アイムカードなどがあります。

VISA(ビザ)とMASTER(マスター)とJCB(ジェーシービー)


VISAカード(ビザ)は、カード発行数、カード売上とも世界シェアNo.1のブランドです。ほとんどのお店で使えます。
MasterCard(マスターカード)は、世界的にはVISAと並ぶ2大ブランドの1つです。
VISAが使えるお店ではMasterCardも使える事が多く、利用する上ではどちらも大きな違いはありません。
VISA、MASTERはアメリカ、ヨーロッパで問題なく使えます。使えないお店が無いくらいなので安心して使えます。
JCBは日本国内では使えるお店がいっぱいありますが、アメリカ、ヨーロッパで使えるところは無いに等しいです。アメリカのホテルのチェックアウトの支払に使おうとしたら、なにそれ?見たいな感じで、使えないよーと言われました。JCBの申し込み書というか宣伝では世界でも使えます。みたいに書いてたのでJCBのカードを持っていましたがそんなことはありませんでした。
それ以来新しいカードを作る時には、VISAもしくはマスターを選ぶようにしています。
ただ、ポイント還元率が高いカードを選びたかったときにはJCBしか選べませんでした。そのカードは日本国内のみで使っていました。
VISAはロシアの空港でも使えました。水を買おうとしてEURO(ユーロ)はダメ、ルーブル(ロシアのお金の単位)じゃないとダメって店員に言われましたがカードOK?って聞いたら大丈夫!と言われ無事水を買うことができました。


クレジットカード審査の通りやすさ


<通りやすさ>
銀行系のクレジットカードでは少し厳しいらしいです。
信販系や流通系のクレジットカードなら大丈夫な場合もあるらしいです。
ただし、毎月の限度額は10万円くらいのようです。(銀行系はは50万から100万くらい)

未成年の方は親の同意(サイン)が必要な場合があります。カード会社によります。
電話番号は、携帯電話よりも自宅の固定電話の方がいいと思われます。自宅に固定電話がある方はこちらを記入したほうがいいでしょう。
現在ローンの借り入れや、過去に支払いの遅延があれば審査で落ちる恐れが非常に高くなると考えられます。

審査に通りやすいのはOMCカード、楽天カード、ライフマスターカード、オリコUpty、ニコスあたりのようです。気に入ったものから試してみてはどうでしょうか。

同時に複数カードの申込みをすることは避けたほうがいいみたいです。
なぜなら多重申込みをすると審査に通らなくなる場合があるというのを聞いたことがあるからです。

もし審査に落ちたら気にせず次に行ってどんどん申込みをするのがいいのではないでしょうか?


お得クレジットカード


<シャアカード>
GE CARDのカードでJCB。

・ポイント還元率
ポイント還元率は1.8%となっている。

100円で18ポイントが付与され、
50000ポイントで5000円分のJCB商品券と交換できる。

計算では、
277,777円買い物すると5000円のJCB商品券と
555,555円買い物すると10000円のJCB商品券と
5,555,555円買い物すると10000円のJCB商品券と
交換できる。

・年会費
初年度は3,150円(税込)の年会費が発生。
年間30万円以上買い物すれば翌年の年会費は無料になる。


<楽天カード>
・ポイント還元率
通常の買い物で1%分が、楽天スーパーポイントに付与される。
楽天市場で買い物すると更に1%プラスされ合計2%分の楽天スーパーポイントが付与される。
楽天スーパーポイント1ポイント=1円。

・年会費
無料


<NICOS VIASOカード>
・海外旅行保険
大2000万円の海外旅行保険が自動付帯

・年会費
無料

・ショッピング保険
年間最大100万円のショッピング保険


<オリコ UPty-iD>
・海外旅行保険
最高2,000万円の海外旅行保険が自動付帯。

・年会費
無料

ポイント還元率


ポイント還元率について調べました。
googleで調べてみると・・・

・クレジットカード利用額の、何%が戻って来るのか (還元されるのか)を表したもの。

・いくらクレジットカードを使ったらいくらお金が返ってくるのかという割合。

・カードの利用額の内いくら返ってくるのかというもの。例えば、100万円利用して1万円分の商品券がもらえるのであれば、ポイント還元率1%と表す。

・クレジットカードを利用した金額に対して、いくら返ってくるか(=割引になるか?)という数字。

・実際に支払ったお金に対して、いくらの還元(お金で)があるかどうかということ。

・「このクレジットカードは□□円利用すると○○円戻ってくる」という割合の数値。

・例えば10000円のカード利用でいくらのキャッシュバックがあるか、というをパーセントであらわしたもの。

・カードの利用料金に対してお金が戻ってくる割合。

・いくらカードを使うといくらお金が返ってくるとかという割合

・買い物に要した金額のうちクレジットカードを利用することによっていくら還元されるのか表した割合。

・いくら使うといくら返ってくるのかということ。





広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。